長期の避難生活におけるプライバシー確保

災害が起きて避難所に避難した時に問題になるのがプライバシーの確保です。

 

数日程度の短期間の避難であればさほど問題にもなりませんが、
数ヶ月の長期に渡る避難となると色々と問題も出てきます。

 

同姓ばかり避難してる避難所であればまだ何とかなりますが、
実際にはそういうことがありませんし、
体育館のような広い場所に避難するということになると、
着替えなども一苦労です。

 

私が経験した長期避難の時は、
お年寄りが多かったせいかあまりプライバシーは問題にならず、
特に何も対策はなされませんでした。

 

おそらくこういった事は例外で、
テレビで他の避難所の様子を見ると、
ほとんどの避難所では段ボール等で区切られていました。

 

避難所は不特定多数の人が避難してきますから、
どうしても話や付き合い方もよそよそしくなってしまいますし、
あまりこちらの様子などを見られたくないというのも分かります。

 

しかし段ボール等で区切ることが出来る場合はいいのですが、
災害時は段ボールも貴重な物資ですから、
使えないこともあります。

 

最近では避難所で簡単に設置できる専用の壁もあったりして、
以前よりはプライバシーを確保しやすくなっています。
しかし保管に場所を取りますので常備しておくというわけにはいかないようです。

 

プライバシーを確保しつつ長期避難をするにはどうしたらよいか、
考える時期に来ていると思います。